ysC_006
柳瀬俊一郎 長方取り皿

2,970円(本体2,700円、税270円)

購入数

【サイズ】約W175×D140×H25ミリ
【重さ】約300グラム
【質感】さらさら
【素材】陶器
【お取扱い】特に必要ありませんが、気になる方はご使用前に水に漬けたっぷりと水分を吸わせることをおススメします。
温める程度でしたら電子レンジのご使用可能です

長崎県佐世保の工房(沙器窯)でスリップウエアを製作されている柳瀬俊一郎さんのスリップウエアのしっかりした線の力強いけれど軽やかな一筆文様の光沢のある長方取り皿です。
残念ながらマット釉の器は柳瀬俊一郎さんが製作を停止されましたので在庫限りとなります。

スリップウェアは17〜18世紀にイギリスで盛んに用いられた技法で、スリップと呼ばれる泥状の化粧土が乾ききらないうちに竹ひごや鳥の羽の芯で模様を描くのが特徴です。
長方取り皿の端はスリップウエアらしい始末となっています。
端の始末の詳細画像

長方取り皿は、名称は取り皿ですが大きめサイズで、深さをたっぷりとってありますので少々の汁気に対応でき、思いのほかご多用いただけると思います。
小ぶりのパスタ、カレー、サラダなどの銘々皿やマリネーのプレートに加え、小ぶりの盛り皿としてもご使用いただけます。

柳瀬俊一郎/沙器窯さんの長方取り皿は、光沢のあるこのスリップウェアの長方取り皿、マット釉長方取り皿となっています。
2種の長方取り皿の画像

■作家さんの器は一つ、一つ手作りですので、色・形・釉薬のかかり具合などに誤差がございます。
また、サイズ表記は目安としてお買い求めください。

力丸雑貨店ブログ

力丸雑貨店 Instagram