mmD_001
ミヤマリカ 飴釉小鉢/鋸葉

3,850円(本体3,500円、税350円)

購入数

【サイズ】約φ95×H60ミリ/210cc(満水)
【重さ】約155グラム
【質感】つるつる
【素材】陶器
【お取扱い】下記をご覧ください。オーブン、電子レンジ、食洗機のご使用はお控え下さい。

「日本の伝統的な陶芸にとらわれないデザイン、色などを取り入れながら日常で毎日使える器作りをしています。
持ち上げて使用する器は見た目より軽く仕上げています。
北欧や欧米などのヴィンテージや一点物が好きなので手描きのデザインを生かして全て違う図柄にしています」

高校卒業後渡米されてミズーリ州立大学、ニューヨーク州立大学ニューパルツ校にて陶芸を学ばれ、現在、千葉にて作陶活動をされているミヤマリカさんの飴釉小鉢/鋸葉です。

ミヤマリカさんは、通常、ブラックモノクロ、ブルーモノクロ、マルチカラーでお花やテーブルウェアをモチーフにして一点、一点異なる図柄を手描きされています。
飴釉小鉢/鋸葉は、つるつるとした光沢のある飴色の生地に線描きで鋸歯状になった双葉の葉っぱが付いた大きな6弁の花弁の一輪の花が咲いている植物が4本描かれています。

和えもの、酢のものなどの小鉢、アイスクリーム、プディングなどのデザートボウルとしてのご使用に加え緑茶、コーヒー、お紅茶、ジュースなどの飲みものの器としてもご使用いただけます。
使用例の画像

シックな色目で、食卓のアクセントとなってくれます。

■作家さんの器は一つ、一つ手作りですので、色・形・釉薬のかかり具合などに誤差がでてきます。また、サイズ表記は目安としてお買い求めください。

■ミヤマリカさんの器は陶器です。陶器は吸水性があります。ご使用前には下記のように湯炊きをしていただくことをお奨めします。
・大き目の鍋に米のとぎ汁をはり、陶器を浸してから火にかけて沸騰させ、10分ほど煮て火を止めます。
・そのまま湯の中に冷ましてのちに引き上げ、すすぎ、一度乾燥させてからご使用いただくと貫入が目詰めされ汚れにくくなります。
・特に、白や淡い色の陶器にはお奨めします。
・また、毎回のご使用前に水にくぐらせていただくと食べ物のシミもつきにくくなります。
・色の濃い液状のものや油っぽいものを入れたまま保存したり水に浸したままにせず、ご使用後はよく乾かしてからご収納ください。

力丸雑貨店ブログ

力丸雑貨店 Instagram