tkD_012
戸津圭一郎 象嵌銅鑼6.5寸鉢

5,500円(本体5,000円、税500円)

購入数
  • 在庫  在庫 0 点 売切れ中
【サイズ】約φ190×H35ミリ/550cc(満水)
【重さ】約470グラム
【質感】つるつる
【素材】陶器
【お取扱い】使用前のお手入れは陶器ですがしっかりと施釉されていますので特に必要ありませんが、土が粗目なので、気になる方はご使用になる前にしっかり水に浸けていただくか、経年変化や汚れが気になる方は下記の「湯炊き」についてをご覧下さい。

「定番のものをきちんとこなしながらも、常に新しいことに挑戦していきたいです。色はもちろん、高台から口縁まですべてに隙がない、いい器を目指していきたいと思っています」

佐賀県立有田窯業大学にて陶芸の基礎を学び、有田の窯元に約4年間勤務された後、長野県長門町で作陶されている戸津圭一郎さんの象嵌銅鑼鉢です。

戸津圭一郎さんは、和食器の定番と呼んでいいクラシックでスタンダードとなる器を製作されています。
「土もの」のもつ柔らかい、ほっこりとした感触と粉引き、林檎や山桜の灰釉、三雲長石釉、黒釉など自然由来の釉薬を施釉した色目に鎬(しのぎ)、三島などの伝統的な手法と口当たりの良い口部分の反り加減など使っていただくと使い勝手の良さのための工夫が伝わってきます。

戸津圭一郎さんの象嵌銅鑼鉢は、赤土をベースに三雲長石釉を施釉し、見込み中心から外側へ花、小花、縦長長方、内側側面に縦長長方、リム部分に花の印判を押印してあります。
印判の文様の詳細画像
印判の詳細画像
印判の詳細画像
印判の詳細画像
印判の詳細画像

小ぶりの盛り鉢、銘々鉢(皿)としてご使用いただきやすいサイズです。
ドラ鉢は中高に盛り付けるのと一層見た目が美しいそうです。
銘々鉢としてちらし寿司や握り寿司の寿司桶として、盛り鉢として煮もの、和えもの、マリネーなどに便利にご使用いただけます。
使用例の画像
使用例の画像
使用例の画像
使用例の画像

大切にしたい毎日の暮らしに寄り添う器です。

■湯炊きについて
・大き目の鍋に米のとぎ汁をはり、陶器を浸してから火にかけて沸騰させ、10分ほど煮て火を止めます。
・そのまま湯の中に冷ましてのちに引き上げ、すすぎ、一度乾燥させてからご使用いただくと貫入が目詰めされ汚れにくくなります。
・特に、白や淡い色の陶器にはお奨めします。
・また、毎回のご使用前に水にくぐらせていただくと食べ物のシミもつきにくくなります。
・色の濃い液状のものや油っぽいものを入れたまま保存したり水に浸したままにせず、ご使用後はよく乾かしてからご収納ください。
・粉引の技法を用いた器はシミになりやすいとされますが、上記のように丁寧に扱っていただくことで風合いが増す器です。
少し手間はかかりますが、その分愛着もわき、末永くご愛用いただけるのではないでしょうか?

■作家さんの器は一つ、一つ手作りですので、色・形・釉薬のかかり具合などに誤差がございます。
また、サイズ表記は目安としてお買い求めください。

力丸雑貨店ブログ

力丸雑貨店 Instagram